2016年03月02日

春季展覧会番外編(エキシビション)


2月21日のJCC千葉支部展覧会では、
お昼の休み時間を利用し
JCC訓練競技会エキシビションを開催致しました。

コリークラブでは、ドックショーである展覧会を
各支部で春秋二回の支部展を開催しています。
また、訓練の審査会兼競技会も行いますが
年1回であったり、
支部によっては開催されない場合あったりします。

どうしてもショーの方が華やかであり
いっぱんの見学者も訪れやすいと思われます。
そこで、ショーのみをご存じで
訓練はあまり見たことが無いという方や、
コリークラブの会員では無い方に、
コリークラブの訓練とはどういうものかを
知って頂く機会になればと思い
初めての試みとして開催する運びとなりました。

しかし、支部員の多くはショーと訓練の両方を行っていたり
支部展に愛犬を出陳していたり、ハンドリング予定であったり
開催スタッフとして忙しくしている者も多く、
エキシビション準備をする時間は全くありませんでした。

さらに、演技披露犬も同じ状況でしたので、
今回のエキシビションでは競技会や審査会のように
細かい規定をあまり意識せず、
肝となる科目の一部を
現役訓練犬のみなさんに披露して貰いました。

ますば、


【1】支部長のあいさつ

【2】JCC家庭犬訓練について


コリークラブの訓練資格クラスは、

1.C.D.P.( Companion Dog Primary) 初級家庭犬資格
2.C.D. (Companion Dog) 家庭犬資格
3.C.D.X. (Companion Dog eXcellent) 上級家庭犬資格
4.U.D. (Utility Dog) 実用使役家庭犬資格


というように、
C.D.P. C.D. C.D.X. U.D.の四段階となっています。
また、競技会へは、各資格を有する犬と
2次審査兼競技会参加犬のみが参加ができます。

コリー&シェルティは、訓練をしなくても
頭も性格も見た目も美しいので、
訓練の必要を感じられない方も多いと思います。

JCC訓練科目の多くは
普通にペットとして飼っている犬にはできないものも多いですが、
コリーシェルティならどの犬でも出来ることです。

日常生活のみで暮らしていますと
牧羊犬として受け継がれてきた本来のポテンシャルを
最大限に引き出す機会は、なかなかありません。
訓練を通してその能力を引出し、
人間と犬が共に楽しめるのが、コリークラブの訓練です。


【3】CDP〜CDX科目披露


トップバッターは、

(1) シェルティのチョコ君による脚側行進
チョコ君2歳? 訓練歴1年 CDX練習中

022102.jpg

ハンドラーの指示を見ながら、頑張ってくれました。
ショーが終わったばかりのリンクですから
釣り餌のカスが落ちていたりする
難度の高いリンクとなってしまい
途中、地面の匂いの誘惑に惑わされていました。

ショーは、釣り餌の使用は許可されていますが
訓練では一切許されていません。
なので、今回のリンクは犬達にとって
かなりハードルの高いものとなりましたが
みんな本当によく頑張ってくれました♪

022103.jpg


Companion Dogの訓練は初級から上級までありますが、
一貫して科目として採用されているのがこの脚側行進です。
ハンドラーの横に顔が来る位置をキープしながら、
ハンドラーの歩調に合わせ歩くという基本中の基本で有り、
これはさらに上の使役犬UDクラスでも大切になって来ます。

続いて

(2)コリーのアロ君による高跳持来
アロ君2歳  訓練歴1年 CDX練習中

022114.jpg

上級家庭犬資格CDXでは、
ダンベルや高跳台や幅跳台を使用します。

022105.jpg

アロ君は、高跳び持来の科目を披露してくれました。
ハンドラーのパパが高跳び台の向こうへダンベルを投げ
指示と共に高跳びを跳んでそれを拾いに行き、
再度高跳びを跳んで持って来る科目です。

022106.jpg

家庭犬資格と言っても普通の家庭では使わない能力となりますが、
本来コリーシェルティなら、練習すれば出来る能力を持っています。
うちの子にもこんな事が出来るんだと実感して頂ける科目が多い資格です。

022107.jpg


【4】UD科目披露


U.D.(Utility Dog)実用使役家庭犬資格は
、家庭犬資格と違い、牧羊犬としての本能を引き出す科目が多くなります。
遠隔操作や臭覚選別など、警察犬に近い科目があります。


(3) シェルティのアーサー君による臭覚選別
(1本一種類のみ)

アーサー君3歳 訓練歴2年 
GD-CH 2015年本部競技会上位入賞

022109.jpg


今回は唯一、ショーにも出陳後のエキシビション参加犬です。

本来は、革製5本、金属製5本、木製5本、
合計15本の番号が付けられている無臭ダンベルの中から
当日指定された番号のダンベルを使用します。
そして、それぞれ当日くじ引きで決められた番号のダンベルに
ハンドラーの手の匂いを付けて残りのダンベルの中に戻し
それを犬が探し出して咥えてとって戻って来るというものです。

022110.jpg

本来は、アタリの番号をアナウンスすることはありませんが
今回はエキシビションなので、
アタリ番号のダンベルに後ろ向きのまま
ハンドラーの手の匂いをつけて貰い
ギャラリーの皆様に
本物品をお見せしてから他のダンベルの間に置きました。

022111.jpg

ハンドラーの指示でまっしぐらに向かい
ハンドラーの匂いのものを嗅ぎ分けます。

今回は、時間短縮の為に金属一種類のみを持来して貰いました。

022112.jpg

アーサー君は、午前中のグランド戦にも出陳されており
ショーシーズン中で訓練はシーズンオフでしたが
頑張って、可愛い演技を披露してくれました。



(4)コリーのスロット君による命令によるジャンプ
(高跳び化幅跳びのみ)

スロット君2歳 訓練歴1年 T-CH  
2015年本部競技会上位入賞

022115.jpg

これは、ハントラーの指示で犬を前進させてから停止、
さらに左右へ移動させて、高跳びと幅跳びを跳んで戻って来る科目となります。
犬は、ハンドラーから離れて動くことになるので
不安が伴い、かなり難しい科目となります。

022116.jpg

今回はスタッフ総出で出演中で、
お写真も頂いたものばかりなもので・・・
スロット君のカッコイイ引きの写真家無いのが残念です。

まっすぐ前進して、遠隔指示で高跳び台の前まで移動し
綺麗なジャンプをして戻って来ました。



【5】シニアの訓練について


当日の演技披露犬のコンディションと
時間の関係で披露予定でしたが、
演技予定犬が11歳と高齢だっので
会場がコンクリートであるので犬の関節の心配があり
時間の関係上カットさせて頂きました。


犬は、賢いもので一度しっかりマスターした演技は
かなりの期間練習していなくても覚えています。
また、本番のリンクを経験すると、
どんな状況であろうとハンドラーの指示に従おうとしてくれます。
遊びと、真剣モードの区別もつくようになります。
その応用で、日常生活でも、いざという時に出す
真剣な指示には的確に応じててくれるので
いくつになっても訓練は必要なもので
いざという時の犬の命を救うものともなります。



【6】 団体科目披露
(参加協力犬全員で団体科目披露)



手前から、伏せ、座れ、立ての状態で犬を待たせ
ハンドラーが犬から離れて正面で立って待ちます。
本来は、それぞれのクラス毎に時間も1分〜5分とそれぞれなのですが
今回は全クラス共に1分で行いました。

団体は、沢山の犬が並んでいる方が見ごたえがあると思い
訓練経験犬の飛び入り参加を募ったところ
他支部の訓練既得犬が参加して下さいました。

image13.jpg

また、JCC本部競技会で日本一4連覇の記録を持つ
13歳になられたというモネ&ジュレ君も飛び入り参加してくれました。

訓練のシーズンオフだった上に
エキシビション開催も急きょ決まったもので
ご参加頂いた訓練犬&ハンドラーの皆様も練習の時間も無く
ぶっつけ本場でしたが、みなさんよく頑張って下さいました。

楽しそうに演技している犬とハンドラーを見て
訓練の魅力を感じて下さった方がおられたら嬉しく思います。
まだまだ若いし、今後の活躍に期待です!

今年も千葉支部は、訓練にも力を入れており、
2月〜4月の訓練練習会開催が予定されております。


2月21日(日)
3月27日(日)
4月24日(日)

いずれも場所は千葉市のドックラン
「どっくぷれすわん」で開催予定です。

日時: 3月27日日曜日  午前10時〜

場所: ドックラン「どっくぷれいすわん」
    千葉県千葉市中央区塩田町700

参加費: 人間1名500円。

駐車場: 無料です。

最少催行人数:10人
       (参加希望者が10名に満たない場合は中止)
雨天中止

コリークラブ会員はもちろん、非会員さんでも
コリー&シェルティオーナーさん
コリー&シェルティに興味がお有りの方を
心から歓迎いたします。
宜しくお願い致します!



ニックネーム コリークラブ千葉支部 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭犬訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年春季展覧会


2月21日、千葉支部の春季展覧会を
開催することができました。

image10.jpg

今回は60頭もの多くの出陳をして頂きまして
ありがとうございました。

image11.jpg

後期の秋季展も、今回と同じく柏の葉公園の会場で
10月16日(日)に開催予定ですので
どうぞ、多くのみなさまのご出陳をお願い申し上げます。

image12.jpg

今回は、お昼休みに訓練のエキシビションを開催したりと
千葉支部、総動員で頑張りました!!

その為、写真撮影班も走り回っていることが多く
お写真があったり、なかったりで申し訳ありません。

image8.jpg

今回のコリーの部のみ、
BOB3&BOSのお写真のみで申し訳ございません。

審査結果につきましては、
支部ホームページに掲載中です。こちら


ニックネーム コリークラブ千葉支部 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ドックショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする